確認

人間が死亡すれば、葬儀が必要となります。今日本で行われている葬儀には家族葬を始めとして様々な種類があり、利用者の経済状況や生活負担等によって使い分けられています。
家族葬は特に東京を始めとする都会に多い方法となっています。東京での葬儀費用は非常に高価であり、一般的な葬儀にかかる費用平均が300万円を超えている場所です。
これは大阪等でも似たような金額となっており、ある程度ランクを下げても250万円異常はかかる仕様になっています。
東京等の都心部に住んでいる人は地元から離れている場合も多く、仕事柄あまり東京から離れる事が出来ない場合もあります。
葬儀と言う儀式に時間を割けない忙しい現代人の多くが家族葬や直葬と言う形で葬儀を終えています。

実際、東京に住んでいる人の中には、大きな葬儀をする事を望んでいない人も多く、自ら家族葬や直葬が良いと希望している事も珍しくありません。
家族葬や直葬にすれば、市町村が補助金を出してくれる制度がある場合があります。
また、そうする事で300万円が平均と言われていた葬儀費用が30万円程度にまで抑えられると言う効果もあります。
式にお金をかけずに、お墓や供養にお金をかけたいと考え、葬儀に価値を見出していない人も多いです。
市民葬や区民葬でも葬儀を上げる事は可能な為に、わざわざ大掛かりな葬儀をする意味が見出せないと言う意見が増えつつあります。

元々、日本で行われている葬儀と言うのは無くなった人の為では無く、残された人の為に行う物です。
家族や親しい人の心に整理がついているのなら、大掛かりな葬式を上げなければいけない必要はありません。
本人の希望が通る事が理想的な判断となっています。

オススメ情報

Calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930